« 企業分析:6165パンチ工業(3.0) | トップページ | 企業分析:4528小野薬品工業(3.0) »

2015-04-11

売買履歴(2015年4月10日)

売却 3660アイスタイル 826円で全部売却(約9%)

銘柄を減らしたい中での売却です。
口コミプラットフォームは盤石であるものの、収益構造を見誤っていたアイスタイルですが、広告が好調で一定の利益が乗るレベルになりました。自身のPFの優先順位を考えて売却しました。

« 企業分析:6165パンチ工業(3.0) | トップページ | 企業分析:4528小野薬品工業(3.0) »

コメント

すぽさん、こんばんは。
お聞きしたいことがあるのですが、銘柄減らしでペッパーに白羽の矢が立たなかったのは何故でしょうか?
3月末のPFの記事でペッパーを微妙に割安と評したことにも驚きました。
すぽさんの考えであれば競争力に欠けると判断するものと思っていたので・・・
結果がどうなろうと半年程度で売却する、とも仰っていましたので。
それでもやはりペッパーを処分するのだろうな、と思っていたらアイスタイルだったので更に驚きました。
宜しければ、何故ペッパーを残したのか、判断基準をお聞かせ願えないでしょうか?

ちなみに私が自分で保有するにあたっての考えは、
・純利益の減少要因は繰越欠損金が無くなり税負担が正常化したことによるもの
・売り上げは大幅増、営業経営利益も30%増でそれなりの増加
・月次は好調を維持
と言う感じです。ただ、高利益率のいきなりステーキを大量出店するはずなのに、
営業利益率が悪化しているのが気がかりです。
問い合わせたところ食材価格の高騰と出店・人件費増と言うことでしたが、
腑に落ちなくもあるので、1Qを見て判断しようと思っています。
予想が保守的である、と言う可能性もありますので。
(この営業利益率の悪化と言うのはすぽさんの基準的にかなり嫌うことではないか、と思っているので、ここも驚いたことの一つです)

宜しくお願い致します。

ラーメンさん、質問ありがとうございます。

ペッパーは私のPFの中で特例扱いの株で、「ビジネスモデルが弱いが短期的な成長に乗ってみる」という考え方で購入したものです。
今後の見通しに関しては紅の鹿さんの考え方が近いです。いきなりステーキブームは弱まった感があるものの、牛たんなとりも好調で全体としてはそれなりの成長が期待できるという印象です。
http://cervorosso.blog.jp/archives/1020004459.html
私が買った時に比べればそれなりに成長を果たしていると思うのですが、株価は過剰に反応して下落していると見ています。パフォーマンスランキングのHPをみても蜘蛛の子を散らすように保有者が減りました。

短期株に逃げ遅れた中で、わざわざボトムに近いところで売るほどでもないかなぁ、という考え方で保有しています。

すぽさん、ご回答ありがとうございます。
他の銘柄とは別の考え方での保有継続と言うことですね。
(購入時もそうでしたからね)
見通しは鹿さんと大体同じですか。
確かに、株価下落の一番の要因は市場の期待が高く、
それに及ばなかったことのようですからね。成長自体はしていますし。
ちなみに、貼られた鹿さんの記事で、私もコメントしています(一方通行と言う名前です)
これからの成長は私としてはこうなるのではないかと思っているので、
すぽさん(短期成長)とは違う形になりますね。良かったらご覧下さい。

しかし、私が「短期的な成長は望めないかな?」と思う一方で、
すぽさんが短期成長に乗ってみる考えと言うのが、なんとも意外な形です。
この様な考えの違いが株式投資の面白いところですかね。

個人的には、早く成長(株価上昇)するに越したことはないので、
すぽさんの目論見が当たってくれないかな、などと思っています(笑)

ラーメンさん

>しかし、私が「短期的な成長は望めないかな?」と思う一方で、
>すぽさんが短期成長に乗ってみる考えと言うのが、なんとも意外な形です。
>この様な考えの違いが株式投資の面白いところですかね。

いや、説明が下手でした。

短期狙いで買ったものの、株価高騰の前に業績が安定してしまい、ゆったりとした成長の企業になってしまった。
狙いと変わってしまったので売却でも良いが、多くの短期投資家が同じような考え方のもとですでに売却しており、出遅れてしまった。
しかし別の視点で見ると、ゆったりとした成長の優待株と見ることもできるため、こういった評価に変化するのを待ってみよう。

と思っているということです。
元々の狙いから言えば失敗投資ですし、売却候補であることに変わりはありません。

すぽさん

ああなるほど、
>「ビジネスモデルが弱いが短期的な成長に乗ってみる」
これは購入当時の考えと言うことですね。納得しました。

ゆったり成長と言うことなら、私の考えと同じですね。
「急」ではなく、普通に成長していくのではと思っています。
売却候補ならどこかで売られるかもしれませんが、
順当に成長してくれると良いですね。

すぽさん、お久しぶりです。
いつも楽しく拝見させて頂いています。
最近、自分がスクリーニングでいくつか評価不足の銘柄があると思い、是非分析して頂きたい銘柄は2152幼児活動研究会です。
成長株とは違うと思いますが、緩やかに売り上げを伸ばしながら利益も安定して出している企業で、成長ストーリーは地域を広げていく形になると思います。
設備投資がいらない分、利益がキャッシュとして積みあがる好循環が続いている企業と思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

Nickさん

2152幼児活動研究会、了解しました。
何も調べていませんが、参入障壁をどう考えるかあたりがポイントになりそうな名前ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501355/61420223

この記事へのトラックバック一覧です: 売買履歴(2015年4月10日):

« 企業分析:6165パンチ工業(3.0) | トップページ | 企業分析:4528小野薬品工業(3.0) »