« 営業利益率と競争 | トップページ | 日経ヴェリタスに掲載されました »

2015-03-13

売買履歴(2015年3月13日)

売却 7148FPG  3,700円で半分売却(約20%)
購入 3665エニグモ 958円で約8%分購入

FPGは月初から売ろうと考えていたのですが、伸び続けていて売るタイミングが測れませんでした。逆指値での売却を仕掛けており今日ひっかかりました。
2月以降ずっとパフォーマンスを引っ張り続けてくれました。感謝です。(まだPFのNo.1ですが・・)

エニグモはゆうゆーさんが先日購入した銘柄です。高成長の恩恵で株価が割安になってきており、ZOZO参入以外のリスクが思い当たらず面白い銘柄だと思います。ビジネスモデルはプラットフォーム型で抜群の収益力です。
過去には2.5と厳しい評価をつけましたが、この株価・成長力なら4.0に近い3.5は付けられると思います。

初めてのパクリ型購入となり、恥ずかしいのですが、良い銘柄だと思います。

« 営業利益率と競争 | トップページ | 日経ヴェリタスに掲載されました »

投資成績」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。FPGは自分ではビジネスが理解できず手を出しませんでしたが上がっていくのはわかっていたので指をくわえて見ていました。
ところで上昇にともなって売却したような場合、評価の数字は変わらずですか?割高になったということで下がってますか?
あとエニグモですが、4に近い3.5ということですが他に4をつけている銘柄の買い増しではなく3.5を買うのはリスクの分散でしょうか?

あペんさん、質問ありがとうございます。

>上昇にともなって売却したような場合、評価の数字は変わらずですか?割高になったということで下がってますか?

「成長、ビジネスモデル、割安」が判断基準ですのでもちろん下がります。FPGの場合、評価した時に比べて
・成長が想定以上↑↑
・定率法廃止リスク↓
・株価上昇↓
という変化がありますので、全体としては4.0に近い3.5ぐらいでしょうか。調査会社ではないのでリアルタイムで見直す気はあまりありませんが・・
(再調査依頼が山ほど来そうです)

> エニグモですが、4に近い3.5ということですが他に4をつけている銘柄の買い増しではなく3.5を買うのはリスクの分散でしょうか?

エニグモはFPGの定率法との関係のように、
・基本的な要素(成長、ビジネスモデル、割安)は盤石。成長も大きく期待できる。
・ZOZOの参入リスク
という関係で捉えており、参入リスクを除けば4.0だと思っています。その前提での分散投資です。

私もエニグモは保有しているのですが、デメリットとしてドル高になった場合価格高騰から利用者が減るのではと考えています。
その点についてすぽさんはどうお考えでしょうか?

質問ありがとうございます。
為替の影響は否定しませんがブレの範囲じゃないでしょうか。ローランドdgのように為替が利益の半分を生み出すような構造なら無視できませんが。
邱永漢さんは「子供の体格の株を買え」とおっしゃっていましたが、エニグモは成長著しいそういう株だと思います。牛乳嫌いの子供の成長を気にする親のような、そんな印象を受けました。

Twitterからこちらのサイトに来ました。
とても熱心に詳細に分析されていますね。
とても勉強になります。
これからも頑張ってください。

拝見した銘柄に、たまたま知人が中にいるので
メタウォーター:インフラの大きい仕事も仕掛けるようです。
エニグモ:離職率の問題flair

てつさん、コメントありがとうございます。
表現がインサイダー・風説っぽいのでご注意ください。メタウォーターの件についてはノーコメントです。

ベンチャーの離職率の問題はよくありますね。その話が事実だとすれば、社内の混乱が想像できますが、私は持論は「社長や社員より、市場環境とビジネスモデル」なので、株主としてはあまりきになりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501355/61276800

この記事へのトラックバック一覧です: 売買履歴(2015年3月13日):

« 営業利益率と競争 | トップページ | 日経ヴェリタスに掲載されました »