« 成長なんて読みきれない | トップページ | 銘柄分析:2164地域新聞社(3.0) »

2015-02-05

こんなに株を売りたくなることはない

FPGの株価が揺り戻しています。初日にストップ高で売り手が全くいなかったはずの金額とほぼ同じになりました。本来矛盾した状況なのですが、ホルダーとしてはこの流れは非常によく分かります。

プロスペクト理論
投資家の感情は、ほとんどプロスペクト理論で説明がつきます。この理論は「人間は負けを認めたくない/勝ちを確定させたい」という感情によって非合理的な行動を取るというもので

  • 株価が買値を下回ると、塩漬けにしたくなる
  • 株価が買値を上回ると、早く売りたくなる

という性質があります。

250pxvaluefun


今回のFPGの株価も、上昇局面(ストップ高)では気持ちも余裕があり「売らないぞ」と思えるのですが、頂点から下落し始めると気持ちは穏やかではありません。
「今なら自分の勝ちが確定できる。ああ、また少し下がった。さっき売ればよかった。でも今はまだプラスだぞ。」
プロスペクト理論の「勝ちを早く確定させたい」の気持ちがマックスになるような状況です。今日株価が下がった理由は決算前からのホルダーの確定売りでしょう。

感情に逆張りする
この理論は強力で、私も何度もこの感情で確定売りをしてきました。(あとで後悔することになります)
FPGについては、今の株価が割高だとは全く思いませんので、感情に負けずに納得できる価格まで保有します。
この理論については色々書きたいことがありますが、まずはFPGの株価が出る前にこの件だけアップしておきます。

« 成長なんて読みきれない | トップページ | 銘柄分析:2164地域新聞社(3.0) »

投資一般」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私も昨日、そのような感情になりました。

上場来高値を更新中の健康CPが、特買い1151円で寄った所、場中に1036円まで下がった時に「ヤバい、もっと下がるかも。今のうちに売りたい。」と焦りを感じました。
しかし、「売りたがっている自分」にすぐ気づいたので実行することはありませんでしたが、買った理由や目標株価を決めていなかったら売っていたと思います。

プロスペクト理論、株取引はメンタルスポーツと聞いたことがありますが、いかに冷静でいられるかは本当に大切ですね。

凄く共感する記事でしたので、投稿させていただきました。

私もずいぶん前からFPGを保有してますが。ほとんど株価みてなかったので決算見てびっくりしました。この決算を見て売ろうなんて気にまったくならないです。アベノミクスが続いていく間は間違いなく成長していくだろうし増配も期待したいです。

こんばんは。
売りたくなる気持ちも無いわけではないですが、さすがにあの修正を見せられるとPFのすべてをFPGにしたくなる衝動を抑えるのに必死です。

>あてさん
自分の感情を冷静な視点で見てみるというのは大切ですよね。株は理屈と合わせて感情とも戦わなければならないところが面白いですよね。

>どんタコスさん
株価を見ないのが冷静さを保つ最強の方法ですよね。(とはいうものの、変化を追わないと心配で私にはそれはできませんが)

>なろさん
気持ちはわかりますが、1つの銘柄に集中するのは禁忌だと思っています。いきなりゲームセットになる可能性を作る必要がありません。

すぽさんはじめまして。
yamadaと申します。このブログの存在を知ったのは今年になってからの新参者ですが、全ての記事を読ませていただきました。
大変勉強になりました。

ひとつ質問があります。
すぽさんはひとつの銘柄分析にどのくらい時間をかけられるのでしょうか。
私など、本業が忙しいためなかなか時間を取ることができず、所有している銘柄の決算日まで忘れる事すらありました。

また短時間で分析するコツなどがありましたら、是非教えて下さい。

yamadaさん、ご質問ありがとうございます。

分析依頼での分析にかけている時間は1時間ぐらいですね。
基本的にはウェブサイトや分析の記事に書いてある通りのステップです。
http://sprn.cocolog-nifty.com/blog/20.html

コツは業績と事業内容から疑問を持つことでしょうか。
ビジネスモデルを考えるときは「お金の入り口に目を向ける」が大切だと思います。
http://sprn.cocolog-nifty.com/blog/cat7968600/index.html

 すぽさん こんにちは。いつも楽しく拝見しております。

銘柄分析の基礎はこのブログで学びましたが、
それ以上に「投資一般」 すぽさんの考え方に影響を受けています。

その中でもこの記事はお気に入りで、保有銘柄が値を下げるたびに
何度読み返したか知れません。(皆さんのコメントも好きです。)


最後の色々書きたいことがありますが・・・の箇所がずっと気になっています。

「感情に逆張りする」
お仕事や銘柄分析依頼など、ご多忙でしょうが
いつか機会がありましたら続きの執筆をご検討ください。

あ、続きがなくても深く期待していないのでがっかりはしませんよ(笑)
「せっかく・がっかりの係り結びは禁止します」
糸井さんの言葉を引用した 記事も好きです。

駆け出しの投資家ですさん、ありがとうございます。
本当に隅々まで読んで頂きまして、大変感謝です。
コラムのリクエストは初めていただきました。「感情に逆張りする」の続編期待とのこと了解しました。なるべく近いうちに書きますね。
「せっかく、がっかり」の話は炎上中で必要に迫られて書いた話ですので、そこまで気にして頂くとかえって恐縮です。「せっかく、がっかりを盾に責めて来ないでね」ぐらいの趣旨ですので、これからも気軽にリクエスト下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501355/61086515

この記事へのトラックバック一覧です: こんなに株を売りたくなることはない:

« 成長なんて読みきれない | トップページ | 銘柄分析:2164地域新聞社(3.0) »