« こんなに株を売りたくなることはない | トップページ | 銘柄分析:7820ニホンフラッシュ(3.0) »

2015-02-09

銘柄分析:2164地域新聞社(3.0)

junklandさん

2164地域新聞社の分析ができました。ショッパーのM&Aはプラス要因ですが、それ以外は「2139中広」に比べると弱い印象です。3.5に近い3.0です。

■基礎情報
GMOクリック証券の分析を使います。

Plh_2164_10_2

Bs_2164_5

決算資料など
・IRサイトにあるアナリストレポートが優秀
・株価 予想PER10.6

■ポイント
Step1:業績確認
・売上は5%程度のゆるやか成長。景気に連動。
・営業利益率は5%程度でまあまあ。キャッシュは潤沢
→悪くないけど・・ぐらいの印象

Step2:事業内容の確認。ビジネスモデルは?
・千葉県を中心としたフリーペーパー事業。発行部数200万部(年間)
・ビジネスモデルは「ドミナント戦略」で地域No.1を積み重ねる。ただし実際の紙面の魅力度はあまり感じない(主観的感想、私ならポストからそのまま捨てる)
・ショッパーという80万部発行の赤字企業を買収。ビジネスに大きな違いはなく立て直すのは難しくない、数年で利益貢献が期待できる。
→ドミナント戦略は有効に働いており、今後も緩やかな成長は期待できる。ただし、強めの競合が入ってきた時に勝てるかはやや疑問。「中広」の方が全体的に優秀。

Step3:株価の確認
・予想PER 10.6で割安

株価の割安さとショッパーM&Aが印象的で、そこをポイントにするなら悪くはないと思います。ただ、基本的な成長力やビジネスモデルはぱっとしない印象です。

« こんなに株を売りたくなることはない | トップページ | 銘柄分析:7820ニホンフラッシュ(3.0) »

企業分析」カテゴリの記事

コメント

すぽさん、こんにちは。
先日お願いさせていただいたニホンフラッシュですが、自分もブログで記事を書いておりますので、紹介させて頂きます。自分の日記的につけているので、全然記載内容は整理されてませんが・・・。

http://plaza.rakuten.co.jp/patentlaw/diary/201411250000/
http://plaza.rakuten.co.jp/patentlaw/diary/201412170000/
http://plaza.rakuten.co.jp/patentlaw/diary/201502090000/

昨年は、リスクがあるものの、それを甘受するに足りる割安さと成長があって面白い銘柄と思っていたのですが、最近は割安さが解消され、若干雲行きが怪しくなってきた銘柄かなあという感じになってしまいました・・・視点が大変短期的ですが汗。
それでも、このような売掛金が多いものの成長性もある企業に対して、どのように評価するのか未だに匙加減がわからないところがあるので、分析いただけると嬉しく思います。

アイスタイルやっと動きだしましたね。1000超えたら嬉しいです。ペッパー決算今週ですね。下方ないこと願います

すぽさん、お忙しい中分析いただき、本当にありがとうございました。

今後の景気と競合の動向に気をつけつつ、ショッパー社のM&Aの成果に期待しようと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銘柄分析:2164地域新聞社(3.0):

« こんなに株を売りたくなることはない | トップページ | 銘柄分析:7820ニホンフラッシュ(3.0) »