« ペッパーフードサービス「いきなり!ステーキ」の売上/利益分析 | トップページ | 売買履歴(2014年8月15日) »

2014-08-01

おすすめ日本株9銘柄の損益(2014年7月)

14073101_2

14073102

                                                                                                                                                                                                                                               
コード銘柄名平均取得価格現在値損益配分
2492インフォマート(3.5)1582,161+1265.5%0
2175エス・エム・エス(4.0)1,4712,523+71.5%0
2127日本M&Aセンター(4.5)7652,923+282.1%8,069
3092スタートトゥデイ(3.5)8422,765+228.4%0
6054リブセンス(3.5)9061,017+12.3%0
3660アイスタイル(4.5)606447-26.2%4,430
3630電算システム(4.0)1,1621,443+24.2%0
2352エイジア(4.0)1,3611,190-12.6%2,533
3179シュッピン(4.0)1,0521,502+42.8%5,328
3673ブロードリーフ(4.0)1,3931,955+40.3%3,509
3682エンカレッジT(4.0)1,7373,115+79.3%3,583
7148FPG(4.0)948958+1.1%5,327
2815アリアケジャパン(4.0)2,7002,628-2.7%3,407
3053ペッパーFS(-)3,4203,505+2.5%3,075
現金1,043
合計40,303
+303.0%
(参考)2013/12/3137,363
2014年成績+7.9%

総評
今月はわずかにプラスで年度では+7.9%となりました。月間では日経平均に少し劣後したようです。トータルの成績では、なかなか辿り着かなかった40,000(+300%)超えとなりました。個別銘柄ではエンカレッジTが急騰し、シュッピンがやや下がりました。

エイジア/ブロードリーフ
両社とも、7/31の四半期決算が利益面で芳しくなく、8/1(今日)に大きく下げました。
どちらもビジネスモデルは全く傷ついておらず好調ですので心配せず保有継続します。市場の皆さんは短気ですね。

アイスタイル
7/30の決算後に下がりましたが、主軸の広告収入が増えており、それほど悪い決算ではなかったように思います。
決算説明会資料で「サイトデータ構造の大幅整理」という項目が入っていました。Web企業とは思えないほど、サイトの改善スピードが遅いと感じていますのでよい方向だと思います。

ペッパーフードサービス
新たに購入しました。「いきなり!ステーキ」の業績織り込み待ちの短期投資(1年以内)です。

« ペッパーフードサービス「いきなり!ステーキ」の売上/利益分析 | トップページ | 売買履歴(2014年8月15日) »

投資成績」カテゴリの記事

コメント

すぽさん、こんにちは。
いつも有益な情報ありがとうございます。

皆さんもコメントでおっしゃってましたが、すぽさんが短期勝負とはいえペッパーFSを購入したのにはびっくりしました。
私はいきなりステーキが大繁盛しているのを聞いて5~6月にかけて購入したのですが、ここ最近の急騰でほとんど売ってしまいました。一度お店に行って食べてみてから再度買い増しするか検討しようと思っています。

そして今日の急落でエイジアとブロードリーフをありがたく買い増ししました。
目先の値動きに反応して手放す人がいるもんなんですね・・・

こんばんは、まるのんです。

エイジアが急落しましたね。
私も昨日、短信を眺め、IRに電話し、諸々自分なりに考えましたが、
何一つ事業価値を毀損するような状況ではないことを確認しました。

そして人件費のコスト増など、
一時的な停滞要素もわかっていたことですから、
正直ここまで下がるとも思っていませんでした。

当然私は若輩者ですから、
この下落を前に心を乱していたわけですが、
すぽさんは一言さらっとスルーされていてすごいなと思いました。

ご自身の分析にきちんと信念と自信を持たれているためであると思われますが、
私も見習わねばと勉強になりました。

>イッシーさん

コメントありがとうございます。この間六本木店にお昼行ってみました。目の前にプロレスラーらしき人二人が来て、400gを2つずつ(計4つ)頼んでいました。(笑)
高騰前に買って儲けたのであればまずはそれで良しとしてもよいのではないでしょうか。「2倍になったら半分売る」の感覚で参入するというのもありますが。

>まるのんさん
HPの分析も読ませていただいてますよ。エントリではざっくり書いてしまいましたが、私もまるのんさんと同じような分析を行っています。
まるのんさんの、自分で考え、IRに確認する行動力が素晴らしいですね。

やや広い話になってしまいますが、物事を整理するときは、
1stステップ「詳細に現状分析をする」
2ndステップ「"要するに"をまとめる」
この2つのステップが重要だと思っています。まるのんさんは1が得意なのようなので、2の視点を持ってみるのも良いかもしれません。

私はもともと2が苦手で、少しずつ学んできました。この本が私とってのバイブルになりました。
入門 考える技術・書く技術 http://goo.gl/oDwC1j
ご参考まで。

すぽさん、おはようございます。

丁寧な返信を頂きましてありがとうございます。

また物事の整理についても書籍も含めて、
ご指摘頂きましてありがとうございます。

要点とか結論を先に書いて、
その後に詳細を連ねようという意識こそ持っているものの、
なかなか実践出来ません。

これからも色々勉強していこうと思います。
よい機会を頂きまして、ありがとうございます。

3143オーウイル銘柄分析お願いいたします。成長と割安とイベント期待できる銘柄だと自負しております。

チャンネルさん、3143オーウイル分析できました。うーん、割安ですがパッとしない印象で、ずっとPER10ではと思ってしまいます。2.5です。
商社は好きではありません。利益構造がわかりづらい上に、強みもコネクションが中心で外部から見えません。確たるビジネスモデルもありません。
オーウイルはマンゴーなどニッチに特化した商社ということはわかりますが、それ以上は判断できません。
チャンネルさんがもう少し詳しい情報を持たれているというなら話は別かもしれませんが。

すぽさん。こんにちは。ブログいつも楽しみにしています。エンカレッジきましたね。さて、分析依頼が多くて大変でしょうが、6052イーピーミントいかがでしょうか。
業績が一時的に悪化していたのと、子会社ということでPER的、PBR的に割安です。SMO業界の2番手だったのですが、1番手シミックのデータねつ造で1番手になりそうです。業界も寡占化が進む成長産業のようです。(YAHOO掲示板の受け売りです)
もしよろしければお願いします。

かぶなやみさん、6052イーピーミント分析できました。参入障壁も高く良い企業だと思います。3.5に近い4.0です。

イーピーミントは、新薬の治験サポート業務(SMO)を主軸とする企業です。親会社は4282イーピーエスです。業界No.2でトップにシミック(の子会社SSI)がいます。
新薬治験サポートは、複雑なノウハウ・知識・高い信頼性が求められる事業で、一朝一夕で真似できる業務でありません。製薬会社にとって新薬開発は生命線であり、そのサポートに安心できるパートナーを選びたくなるのは当然です。このためシェア上位企業に集約されていっています。売り手の価格決定権は強めで、営業利益率15%を生み出せる業種です。
2013年だけは不調でしたが、あまり気にする範囲ではなさそうです。成長面でも15%程度の成長を安定的にとげています。

本来はNo.1の企業を買うのが定石ですが、小林製薬の治験でSSIに不正があったという事件があり、敵失状態になっています。そんな中でも株価はかなり安め(来期PER10.4)です。
私のランクで言うとB→A+ぐらいの投資です。ブレイクはいつになるかわかりませんが、株価が安いので安心感がありますね。

すぽさん。さっそくのご回答ありがとうございました。やっぱり割安ですよね。ブレイクを楽しみにします。これからもよろしくお願いします。

すぽさん、こんにちは。いつもすばらしく明快なお話をありがとうございます。
まず最初に長くてすみません・・・
面倒なお願いで恐縮ですが、5点ほど(多いですが)質問がございます。半分すぽさんの投資スタイルをお聞きする感じになってしまいますので、お答えしにくい部分はスルーしてください。
1.株価は地合いの影響を多大に受けますが、すぽさんは売買タイミングは特に考慮されないのでしょうか?
2.実際のところ、テンバガーになるまで持ち続けるのは忍耐や信念が必要かと思います。持ち株が上がってきた場合の売却は、明らかに割高になるまで行われないのでしょうか?私などは株価指標も参考にしますが、つい買値の倍くらいになると売ってしまいます。
3.すぽさん銘柄でエイジアの株価がそこそこ下がっているようです。こういった場合、買い増しを行うと銘柄間の保有バランスが崩れると思いますが、買い増しを考えますか?
4.すぽさんのスタイルはお見受けしたところフルインベストメントでしょうか?私は過去になんとかショックとかの洗礼を何度か受けたこともあり2割ほどしか買えてません。残しておくのは、もしも下がった場合の買い増し資金の確保のためです。
5.最後に銘柄分析のお願いですが、地盤ネット(6072)は株価が最近やっと下がってきました。ちょっと変わり種ですが、いかがでしょうか?
質問やお願いばかり多くてすみませんが、お手すきの際にでもお答え頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。

えびすさん、ご質問ありがとうございます。参考になるかわかりませんが回答します。

1.株価は地合いの影響を多大に受けますが、すぽさんは売買タイミングは特に考慮されないのでしょうか?

基本的にあまり気にしません。今安いと思うかで判断します。ある程度買って、安くなればナンピンを検討します。
「株は、いくら下落しても「お買い得」としかいいようがない」です。
http://sprn.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-365b.html

2.実際のところ、テンバガーになるまで持ち続けるのは忍耐や信念が必要かと思います。持ち株が上がってきた場合の売却は、明らかに割高になるまで行われないのでしょうか?私などは株価指標も参考にしますが、つい買値の倍くらいになると売ってしまいます。

邱永漢さんの教えをベースに「株価が2倍になったら半分売る」を基本としています。
このあたりはえびすさんの近い考え方だと思いますが、残り半分についてはバブルまで付き合うことも意識しています。
http://sprn.cocolog-nifty.com/blog/10.html

3.すぽさん銘柄でエイジアの株価がそこそこ下がっているようです。こういった場合、買い増しを行うと銘柄間の保有バランスが崩れると思いますが、買い増しを考えますか?

エイジア、買いたいですね。M&Aやエンカレッジあたりを部分売却してナンピンを検討しています。

4.すぽさんのスタイルはお見受けしたところフルインベストメントでしょうか?私は過去になんとかショックとかの洗礼を何度か受けたこともあり2割ほどしか買えてません。残しておくのは、もしも下がった場合の買い増し資金の確保のためです。

キャッシュは1〜2割持つというのが基本的な考え方です。原理的にはフルインベストメントが正しいと思っていますが、精神衛生上の問題でキャッシュを持つことにしています。リーマンショック時は可能な範囲でキャッシュをかき集め買い増しました。(途中でタマが尽きましたが・・)
現在は方針から言うとあまりよい状態ではないと思っており、一部売却によるキャッシュ確保を考えています。
(明日大下落するようであれば、またキャッシュをかき集めることになるかもしれません・・・)

5.最後に銘柄分析のお願いですが、地盤ネット(6072)は株価が最近やっと下がってきました。ちょっと変わり種ですが、いかがでしょうか?

了解しました。こちらはこれから分析を行いますので少々お待ちください。

すぽさん、早速のご回答ありがとうございました。いつも納得のいくお話でとてもためになります。
かくいう私の方は、現状で優位性があると考える投資は色々と行っていますが、王道である銘柄分析で優位性を持つのは、なかなか難しいと感じています。
また、地盤ネットですが、「この銘柄はすぽさんだったら、どう分析されるだろう?」といった考えでお願いしている次第ですので、お暇があるときで結構です。
よろしくお願いいたします。

すぽさん、こんにちは。

最近、このブログを知り興味深く読まさせてもらっています。

いきなりで申し訳ありませんが、2341アルバイトタイムスいかがでしょうか。

お時間のあるときで結構ですので、分析よろしくお願いいたします。

しばいぬさん、質問ありがとうございます。
アルバイトタイムスは先月ぐらいに分析依頼をいただき、そこから変化はありません。
ご参照ください。

http://sprn.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/720146-6964.html#comment-97828551
---------
2341アルバイトタイムス分析できました。割安・高収益ですが、今後の成長にはやや疑問符です。3.0です。

アルバイトタイムスに馴染みのある方がいらっしゃればその方は静岡の方です。アルバイトタイムスは「静岡だけに強い」求人広告業を中心とする企業です。
求人広告は基本的に「プラットフォーム型」のビジネスモデルですので、極端な形で勝ち負けが決まります。IR資料では静岡、関東、関西、名古屋の4つに進出していることになっていますが、実際は「静岡だけ勝ち、その他は負け」です。この関係が変化することはほぼありえません。
どれぐらい差があるかは、この企業が提供するDOMOネットを見ていただければと思います。
http://domonet.jp/shizuoka
http://domonet.jp/kanto

その前提で見ると、現在の好調は景気によるものと考えた方がよく、つまり今後の見通しもほとんど景気次第です。株価はかなり割安です。来期PER8.6。

株価が安いので、このまま景気にのって業績が伸びれば株価上昇も期待できますが、それ以外の成長シナリオが想像できません。というわけで、ちょっと辛めの評価となりました。

投稿: すぽ | 2014-07-23 00:20
---------

ペッパー増資で爆下げで菅、管理さんはどうみてますか?成長性はありそうですが、買い増しするか、撤退するか迷ってます。

花火さん

「増資・希薄化ってなんだろう?」ということを考えたほうが良いかもしれません。
今回の増資は、(少し複雑なスキームですが)最大10.89%の株が増えるというものです。ですので、既存株主の権利は100/(100+10.89)=90.2 となり、最大で-9.8%分薄くなるわけです。
増資による資金調達の業績貢献が仮に「ゼロ」だったとしても、-9.8%を超える影響はありません。ですが、株は1日で7%も下がりました。普通に考えれば増資分のマイナスは十分に織り込まれたと思って良いのではないでしょうか。
参考「増資について」
http://sprn.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-eced.html

あと、文面からの判断で失礼ですが「短期投資(1ヶ月以内)」のニュアンスを感じてしまいました。そのスタンスであれば私に聞いてもムダですよ。他をあたってくださいね。

はじめまして。
何度か興味深く記事を読ませていただいています。

申し訳ないのですが3228三栄建築の銘柄診断お願いしてもよろしいでしょうか。

個人的には割安かつ業績も安定して伸びている銘柄だと思っているのですが。いかんせん出来高も低く、動きがぱっとしません。

えびすさん、地盤ネット分析できました。超成長株の割に株価がお手頃ですね。3.5です。

地盤ネットは「地盤検査のセカンドオピニオン市場」を創造したブルーオーシャン戦略のお手本のような企業です。
地盤は「安全かよくわからないので補強工事をする」という(企業側の思惑が色濃く反映された)常識から、「セカンドオピニオンに聞いて、証明書(&保険)を発行してもらう」という考え方を提唱し市場を切り拓いています。こういった例を見ると不動産業界がいかに企業側に偏った商売をしているかを改めて感じてしまいます。
さて、ビジネスモデルの視点です。ブルーオーシャン戦略らしく先行者によるチャネル拡大が強みとなりそうです。提携ビルダーやフランチャイズなど、間接的チャネルが広がると、2番手は攻めづらくなります。また2番手はローコスト戦略でも攻めづらそうです。もともと「ムダな補強工事」という100万円の負担を、証明書(&保険)で10万円で済むようにさせるというビジネスですから、そこに内なら7万円でやりますと言ってもあまり響きません。というわけで、技術面だけなら参入しやすい業態ですが、意外と参入障壁は高そうです。
成長面は毎年2倍成長を繰り返すお化け企業でしたが、さすがに期待しすぎない方がよいと思います。+30%ぐらいで考えれば安心でしょう。
株価は、実績PER41.8、予想PER26.7です。30%成長企業だと考えれば高くはありません。株価は下落基調でお買い得です。更に下がるようならPFに入れてもよいと思いました。

よーさん、質問ありがとうございます。
3228三栄建築の分析はこれからとりかかります。もう少しお待ちください。

すぽさん、早速の分析ありがとうございました。いつもながら腑に落ちる、非常にわかりやすい説明でありがたいです。
分析依頼が引き続き人気のようですので、大変ですね。
大したお礼ができませんので、もしもすぽさんが本を出版されるようなことがあれば、お礼がてらすぐにでも購入させていただくつもりです。
地盤ネットの方ですが、新規公開時にわずかの差で買いそびれてから、一応監視しておりました。もう少し安ければ買おうかなと考えておりました。いつも買いは無理をせず買えなかったら縁がなかった程度に考えています。


よーさん、3228三栄建築設計分析できました。悪い企業ではないと思いますが、上がらないなりの理由はありそうです。3.0です。

三栄建築設計は「狭小地(都心)三階建て」という特定市場に強みを持つ不動産メーカーです。狭小地をうまく使うノウハウに長けており、不動産業者から建築を依頼されるほどの実力があります。
売上成長が順調な一方で、競争環境が悪化していて、利益だけを見るとここ5年ぐらい横ばいです。そのため株価も全く反応せず、PER5近辺で動きません。
またIRがイマイチで、ビジネスモデルを探るのにかなり苦労しました。

実力はあるのですが、「不動産市場」「利益率低下」「低配当性向」「イマイチなIR」といった萎えさせる要因が多く、上がるシナリオが見えません。株価はボトムに近いと思いますので債券感覚で5年持つなら良いのではないでしょうか。

三栄建築設計は私も以前持ってました。
しかし、社長が株価操作したや、有報の大量保有者欄で虚偽記載をしたことで
問題となり昨年株価は半分になりました。
いい会社だと思うんですが、社長がこういうことしているとこは要注意ですよね。
私は、おもいっきり被弾しましたから、ここは、もう買いません。

JOKERさん、コメントありがとうございます。

社長2、ビジネスモデル8が持論なので、不正の件は分析ポイントから抜いてしまいました。
(これまでの件は業績に影響を与えるものではありませんでしたが)創業者の不正体質はリスクだと思います。

分析ありがとうございます。
そうですね…営業利益がやや横ばいになっているのは気にはなっていましたが、売上高があがっているからとやや楽観的になっていたようです。
社長の株価操作に関しては一応決着がついたようなので、問題解決として株価が元に戻るかも…なんてことも期待はしていたのですが…。

せっかく少しあがってきたところですので、利食いして有意義に使える企業を他に探したいと思います。ありがとうございました。

すぽさんはじめまして。
いつも役に立つ濃い内容の記事読ませていただいて有難うございます。

お時間のある時でいいので宜しければ1銘柄分析お願いいたします。
3076 あい ホールディングス
PERはすでに高くなっていますが成長率から考えても特別割高でもないと思うのですが?よろしくお願いいたします。

三日月さん、質問ありがとうございます。

先に4件の分析依頼を受けているところですので、その次に分析しますね。しばらくお待ちください。

すぽさん1つ古い記事のコメント欄に投稿してしまい申し訳ありません。
銘柄分析はゆっくり待ちますのでお時間の許す時にでもして頂ければ幸いです。
結果は新しい記事のコメント欄にでも書いて頂ければ探しますので。
宜しくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501355/60077966

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめ日本株9銘柄の損益(2014年7月):

« ペッパーフードサービス「いきなり!ステーキ」の売上/利益分析 | トップページ | 売買履歴(2014年8月15日) »