« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014-06-30

7148FPG(4.0)

コメントで分析したまま、エントリにできていませんでしたので改めて整理します。
7148FPGは「タックス・リース・アレンジメント」という、節税(繰り延べ)スキーム生成事業を中心とする、会計プロフェッショナル企業です。この事業は技術力やコネクション作りが参入障壁となりほとんど独占状態です。また先日増資をしたことに反応して株価が少し下落しています。いつも通り分析します。

Step1.業績の確認

続きを読む "7148FPG(4.0)" »

2014-06-28

売買履歴(2014年6月27日)

売買メモです。

売却 2492インフォマート 全売却(PF10%程度)

売却価格 2,231円 平均取得価格 159円(+1309%:約14倍)

これまでの成績を支えてくれたテンバガー銘柄です。部分売却を繰り返した最後の売却となりました。殿堂入り扱いで保有していましたが、来期PER60、PBR17と、バブルとしか表現できない価格になり手放すこととしました。

感謝です。

2014-06-24

お金の入り口に目を向ける(エスクリ編)

先日2196エスクリの企業分析依頼をいただきました。ブライダル業界の分析は全く行ったことがなく一からの分析でしたが、そのときのステップを書き留めたいと思います。ポイントは相変わらず「お金の入り口に目を向ける」です。

分析前の疑問

エスクリの分析を始める前の一番大きな疑問は、「縮小市場なのに、なぜエスクリは成長できているのだろう」という点でした。ブライダル業界は昔からある業界ですので、長い歴史の中で様々な戦いが行われてきたはずです。その中でなぜ新興企業が急成長しているのだろう。そんなことを考えていました。
エスクリのhpやIR資料をみると、「ブライダル業のコンサルをやります」、「縮小する市場を広げていくのが夢です」といった強気な言葉が並んでいます。急成長しており自信があるのはわかるのですが、一方で既存企業は本当にそんなにだらしないものだろうか。そんなことを思いながらお金の入り口に目を向けてみました。

お金の入り口に目を向ける

続きを読む "お金の入り口に目を向ける(エスクリ編)" »

2014-06-15

書評:戦略プロフェッショナル-シェア逆転の企業変革ドラマ

久しぶりに心揺さぶる本に出会いました。知ってる方にとっては古典の域に入るような名著のようですが、出会えてよかったです。

著者はミスミグループのCEOで先日退任を発表された三枝匡さんです。元コンサルの名経営者ということぐらいしか知らなかったのですが、コンサル時代のあとに個人事務所を立ち上げられていて、その頃に執筆活動をされていたようです。

続きを読む "書評:戦略プロフェッショナル-シェア逆転の企業変革ドラマ" »

2014-06-03

PBR1以上での増資はお得

先日のエントリで「時価増資」という視点が抜け落ちていました。(恥ずかしい・・・)

時価増資では、時価総額と純資産の比率(PBR)が重要になります。PBR1以上の増資は既存株主にとっても、お得なハナシです。

1_2

続きを読む "PBR1以上での増資はお得" »

売買履歴(2014年6月2日分)

売買メモです。

購入 7148 FPG 924円で約7%買い増し。(合計 約13%)

増資について

FPGの増資がありました。増資についてメモ書き程度にまとめておきます。

増資とは株式を新たに発行して、純資産の部を大きくすることです。純資産が100だったとすると、25%分の増資を行うと125になります。株主が25%増えたということは、1株あたりの価値は80%に減ってしまうということを意味します。

株主視点でみると、増資は3パターンに分けられます(25%の増資の場合)

続きを読む "増資について" »

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »