« 6054リブセンス(3.5⇒3.0) | トップページ | おすすめ日本株8銘柄の損益(2014年5月) »

2014-05-22

売買履歴(2014年5月22日分)

売買メモです。

3630電算システム 1,249円 全て売却

キャッシュづくりをしました。

« 6054リブセンス(3.5⇒3.0) | トップページ | おすすめ日本株8銘柄の損益(2014年5月) »

投資成績」カテゴリの記事

コメント

アイスタイルじゃなくて電算システム売っちゃったんですね。

電算システムは最近大型契約のIRがでてたので、

まだまだ上がってほしいと期待しているのですが、

すぽさんの評価は前から下がったんですかね?

やはりこういう輩が出てきますね。コメント欄に拘ず思うように書かれる、すぽさんのブログであってほしいです。

一部の方のコメントを削除しました。人のブログでよく書けますねー。2chとの区別がつかなくなってしまっているようですね。

なっつさん、コメントありがとうございます。
電算システムの評価は4.0で変わりませんが、保有銘柄が増えてきた中で、成長面で相対的に見劣りすると判断し売却しました。
アイスタイルは中期ではなく長期視点で保有することにしました。プラットフォームは盤石なので、そこからの収益基盤創造を気長に待ちます。

アイスタイルで感じている疑問があるので、すぽさんがどのようにお考えなのかお聞かせ願いたいと存じます。

世の中にネットビジネスが生まれてから15年以上経過しています。
この間に強力なプラットフォームを築き、高収益を生み出すネット企業が出てきました。
ヤフー、楽天、カカクコム、クックパッドなど。

アイスタイルは盤石なプラットフォームを持っており、昔から期待されてきた銘柄だと思うのですが、未だに大きく花開くことがありません。

15年、こういうことを続けてきた会社は今後も同じような気がしてならないのですが、どのようにお考えですか?

AKIさん、骨太な質問ありがとうございます。

プラットフォームからの収益化は「偶然」に近いものだと考えています。例えばクックパッドは、1997年創業で、2004年には100万人ぐらいのユーザーを抱えながらも、全く儲からなかったようです。その後、広告そして2007年のユーザー課金が成功し、今の高業績に至ります。
サイバーエージェントも、ブログNo.1を目指して突き進んでいましたが、いつまで経っても赤字でした。しかし、偶然生まれたアメーバピグのアイテム課金で、営業利益率10%以上の会社に変貌しました。DeNAのゲーム課金も偶然生まれたものですし、古くは、テレビのCMも偶然生まれた高収益基盤と言えます。
お客さんに納得してもらいつつ、ちょっとだけお金を頂く。この絶妙なバランスがどこにあるのかは、試行錯誤の中でしか生まれないのだと思います。

アイスタイルは、①広告、②課金、③物販のうち、①と③でまぁまぁの収益化ができているという状況です。私は②を期待しているのですが、今のところ失敗しています。

これまでできなかったから今後もできないとはあまり思っておらず、ユーザー視点でサービスを考えれば、花開くことは十分あり得ると思っています。
ユーザーにとっては「ちょっとしたこと」を、いかに見つけられるかです。

すぽさん

逆説的に言うと、「ちょっとしたこと」を見つけられなければ、ずっと冴えないままということもあり得るということでしょうか!?

そうであれば忍耐力を求められる投資になりますね。

AKIさん

>逆説的に言うと、「ちょっとしたこと」を見つけられなければ、ずっと冴えないままということもあり得るということでしょうか!?

そう思います。アイスタイルの今の収益源は①広告と③物販です。現時点ではこの二つからしか業績は見通せません。そして①の収益力を見誤ったということです。

いつも教えて君で申し訳ございません。

3079DVXに対してどのような見解をお持ちでしょうか。
正直言って、DVXの同業他社に対する優位性はわからないのですが、
何故か毎年増収増益を達成してきます。

今期予想が塩だったので株価は下がっていますが、
多分今年も上方修正でしょう。

こういう、ビジネスモデルに優位性が見出だせないのに
結果的に増収増益を連続達成する企業ってありますよね。

まりもさん、質問ありがとうございます。3079DVx分析できました。業績通りの優秀な企業です。4.0に近い3.5です。

分析はゆうゆーさんがされている通りだと思います。
http://yuyutoushi.blog.fc2.com/blog-category-13.html
卸ですので本来儲かりづらいのですが、患者の体に埋め込む医療機器ですので長期的なサポート力が強く求められます。その中で営業力を大きな強みにできています。
成長面は伸び盛りというよりは、安定的な成長ですね。株価は来期PER11.7です。
保有しても安心して眠れる株という感じですが、私のPFだと成長面から途中で手放してしまうかもしれません。

DVXの分析、ありがとうございました。
まさに安心して保有できる株です。

すぽさん、お久しぶりです。
最近相場は業績相場になってきたようで、自分の銘柄(すぽさんポートフォリオにかなり似てますが)もだいぶ見直されてきました。
ブロードリーフ、エンカレッジなど成長性見込まれ買われていますね。
最近面白いかなと思って購入を検討しているのが図研6947です。
分析が難しくてできてないですが、、、よろしくお願いいたします。

Nickさん、6947図研分析しました。中期計画を信頼できるかということでしょうが、ピンと来ません。3.0です。

図研はEDAと呼ばれる電子基板の開発環境ソフトを中心とする企業です。EDAの国内シェアは1位で大きな強みはありますが、市場は横ばいです。営業利益は10%ぐらいあっても良さそうなものですが、リーマンショックの影響を未だに引きずっておりイマイチです。
2013年7月に中期計画を発表し、2016年に営業利益を10%に戻すと打ち上げて株価が上昇しました。株価は、今期PER40.6、来期PER16.6です。

中期計画を信頼すれば割安とも言えなくはありませんが、「売上横ばい、営業利益10%」が本来の実力なのですから、2016年に中期計画通り「本来の実力」に戻った後、どう成長できるのかがよくわかりません。
大人の骨格の企業には興味が湧きません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501355/59688254

この記事へのトラックバック一覧です: 売買履歴(2014年5月22日分):

« 6054リブセンス(3.5⇒3.0) | トップページ | おすすめ日本株8銘柄の損益(2014年5月) »