« 中長期投資を、自分で考え実行する人を増やしたい | トップページ | 続・お金の入り口に目を向ける »

2014-04-04

お金の入り口に目を向ける

ここまでビジネスモデルを中心に色々な企業分析をしてきました。ビジネスモデルを分析するには、ちょっとしたコツがあると思っています。大切なのは「お金の入り口に目を向ける」ことです。

掲示板でやり取りしていて未分析になっていた「6073アサンテ」を例にして説明します。
アサンテはシロアリ駆除を中心とした企業です。PERが極めて低く(8.8)、業績面でも増収増益を重ね非常に安定しているため、多くのブロガーに支持されている銘柄です。この企業の「ビジネスモデル」を分析します。

1.疑問を持つ

まず最初に、私がこの企業を見て疑問に感じたのは営業利益率の高さです。営業利益率は15%程度あり、シロアリ駆除という割と参入しやすそうな業態なのに、価格競争が激しくないことが不思議でした。そんな気持ちを持ちながら、お金の入り口に目を向けます。

2.お金の入り口に目を向ける

お客さんはアサンテにいつ、どれぐらい、どんな気持ちでお金を払っているのでしょうか。まず金額の確認です。ネット等で調べると、シロアリ駆除は一坪8,000円ぐらいが相場のようです。25坪だと20万円ぐらいです。自分が家を持っていたとしたら、それぐらいならまぁ払えそうです。

次に、シロアリ駆除をしたいと思っている人は、何を基準に選び、どんな思いでお金を払うかを考えます。
そうすると、この市場には「リフォーム詐欺」なるリスクが存在することに気づきます。シロアリ駆除は、自分の大切な家のことなのに、調査方法も修繕内容もよくわからず、業者に一任せざるを得ない依頼になります。

こういう状況で、一番大切になるのは、価格ではなく信頼であることに気づきます。できれば一番有名なところなど「明らかに失敗しない」選択をしたいと思うでしょう。
で、価格は20万円。まぁ、大切な家のための出費ですからそこは仕方ないという金額に見えるでしょう。この辺りで、営業利益率が高い理由が見えてきます。
要するに「アサンテ 20万円」と「名の知れぬ業者 16万円」だとしたら、多くのお客さんがアサンテを選び、この価格差が利益率を高めている、ということです。

シロアリ駆除市場は、お客さんのリスク回避指向が非常に高いために競争にならない、いわば「リスク回避型」のビジネスモデルと言えます。
ということは、この市場で強いのはNo.1の企業や、名の知れた住宅メーカーなどが参入した場合ということも想像できます。さらに考えると住宅メーカーがシロアリ駆除には入りづらいでしょうから(自己否定的ですので)、現実的にはアサンテはよいポジションに居続けるであろうことが見えてきます。

こんな感じで、お金の入り口に目を向けることで、そこに起こっている競争環境、そしてビジネスモデルが見えてくるのです。

ちなみに、アサンテの評価は3.5。企業成長力がやや弱いため、B→Aに近いという印象です。

« 中長期投資を、自分で考え実行する人を増やしたい | トップページ | 続・お金の入り口に目を向ける »

投資一般」カテゴリの記事

コメント

中長期投資さん、中断してしまいましたが2151タケエイ分析できました。普通の企業が復興特需で業績拡大しただけという印象です。2.5です。

タケエイは廃棄物の収集・処理などを中心とした企業です。震災で大量の廃棄物が発生したため、復興需要をストレートに享受できている企業です。
ビジネスモデルは取り立てて思いつきません。強いて言えば、廃棄物リサイクル事業の営業利益率が高く(30〜40%)、目を引くのですが、リサイクル事業の売上比率が小さいため成長を牽引する要素にはなりません。株価は来期PER12.5。下落トレンドで割安です。
個人的には、復興需要銘柄に興味が持てません。上がって下がることが見込まれる株は怖いと思っています。

すぽさん、こんにちは。 ご無沙汰してます。
分析依頼、すごい増えましたね。 コメント欄も、盛況なようで。(笑)
個人的には、1年前くらいの感じが好きでした。(笑)
最近は控えてましたが、久々にコメントさせていただきます。
アサンテは、バリュー株投資のブログでよく見かけますね。
アサンテに限らず安定した割安株って、やっぱり人気ですね。
そういう銘柄って、大きな失敗はないと思うんですけどねぇ・・・
株式投資を始めた初期に、このブログに出会えて幸運でした。
出会ってなければ今頃、分析はそこそこで人気の割安株や材料株を保有してたと思います。
うーん・・・ 分析って尽きないです。

edgeさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
企業分析を続けられているとのことで、何よりです。

確かに企業分析サイトのようになっていますよね(笑)
もう少しいろんなエントリを書きたいと思ったりもしますが、依頼をいただくのも有り難いことなので、しばらくはこんなペースになるかもしれませんね。
もう少し暇になったら前みたいな感じに戻るかもしれません。

すぽさん色々とお疲れ様です(笑)

アサンテはいろいろな方のブログで出てくる名前で気にはなっていましたが、
シロアリ駆除という業種の為、なかなか調べるまでには至らなかったのですが、なるほどです。

食べず嫌いというのはだめですね。おいしいものを見逃してしまいます。

しかし、それでも、すぽさんのブログに出会えたことで、食べず嫌いが少なくなってきたのは確かです。

魚を貰うばかりではなく、釣り方を覚えるのが投資家としての成長だと思います。

ただ私の場合、すぽさんの釣り方を変にこねくり回しているので、失敗もありますが。(笑)

これからも企業分析だけじゃない、いろいろなネタのブログ楽しみに待っていますね。

THさん、コメントありがとうございます。

私の場合も、皆さんからの依頼があるので、色々な企業の分析をしているだけで、自分だけだったらこんなに多くの分析はしていないでしょうね。
IPO銘柄なんかは、ほとんど興味がなかったのですが、分析しているうちに意外と面白いと思うようになりました。(上場時のバブル感にはついていけませんが・・・)

これからもよろしくお願いしますね。

はじめまして、個人投資家の立川と申します。

ブログを見させていただきましたが、上場企業のビジネスに対する素晴らしい考察ですね。是非リンクさせていただきたくコメントいたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

Blog拝見させて頂いております。
成長株の分析参考にさせて頂いております。よろしくお願いします。

立川さん、リンクの件ありがとうございます。
ブログも拝見しました。様々なテーマや銘柄を幅広く分析されていて参考になりました。こちらからもリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。

Didierさん、コメントありがとうございます。
ブログ左の「ウェブページ」をご覧いただくと投資スタイルが伝わるかもしれません。よかったらご覧ください。今後ともよろしくお願いします。

はじめまして
とても内容の濃いブログですね。
ビジネスモデルの分析のコツ、大変参考になりました!
もっと早くに辿りつきたかったです。

ぶしつけな質問で申し訳ないのですが、すぽさんの中国株のポートフォリオを銘柄名だけでも公開してもらうことは出来ませんか?
もし気に障りましたら、コメントをスルーしてください。

これからも楽しみにしています。
為になるブログをありがとうございます。

ジョリーさん、質問ありがとうございます。

中国株の質問は初めて頂きました。中国株にも長いこと投資していますが、情報があまりに少ないため、分析に限界感じています。中国語も読めませんし。
ちなみに保有株はハンタイ、蒙牛乳業、カンシーフ、合成元、中国人民財産保険、深セン高速などです。ここだけの秘密ですが、超大現代農業にやられたり(今も保有)しています。パフォーマンスは10年で2倍ぐらいですね。

最近は不動産バブルへの懸念が強いため、市場も軟調ですし、個人的にも多少ウェイトを下げています。

お忙しいなか、コメントありがとうございました。

私も今は、日本株のウェートが一番大きいですが、いずれアメリカや中国など世界に分散したい、と考えて勉強中です。
すぽさんの保有株を参考にさせてもらいます。
中国の不動産バブルの崩壊が、中国株の仕込みどころかなと狙っています。

本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

すぽさんこんにちは。
度々質問させていただいています。
色々銘柄見ていたらシステムリサーチ3771は成長性を考えると結構割安だなと思ったりしています。
地味な企業ですが、名古屋が地元ということで気になりました。
分析よろしくお願いいたします。

Nickさん、3771システムリサーチ分析できました。実直な経営姿勢は好感もてますが、ビジネスモデルがありません。2.5です。

システムリサーチはトヨタ系列を顧客の中心とするSIerです。原価が異常に高く(約80%)、価格がn人月で決まっている様子が伺えます。ビジネスモデルというよりも、コネクションと実直さで経営している印象です。
ここ最近は景気の波で多少良い業績でしたが、成熟市場ですので中長期的な成長は期待できません。株価は来期PER10.0で、私の考え方でいえば「相応」の株価です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501355/59412339

この記事へのトラックバック一覧です: お金の入り口に目を向ける:

« 中長期投資を、自分で考え実行する人を増やしたい | トップページ | 続・お金の入り口に目を向ける »