« 健康食品が価格競争にならない理由 | トップページ | 下落時の感情に負けないために、分析する »

2014-03-02

おすすめ日本株7銘柄の損益(2014年2月)

140228

14022802

                                                                                                                                                                                                           
コード 銘柄名 平均取得価格 現在値 損益 配分
2492 インフォマート(3.5) 158 1,484 +837.7% 5,442
4689 ヤフー(4.0) 244 645 +164.6% 0
4751 サイバーエージェント(2.5) 667 4,475 +571.2% 0
2175 エス・エム・エス(4.0) 1,471 2,304 +56.6% 4,233
2127 日本M&Aセンター(4.5) 2,295 8,190 +256.9% 7,537
3092 スタートトゥデイ(3.5) 842 2,508 +197.9% 0
6054 リブセンス(3.5) 1,811 1,575 -13.0% 0
3660 アイスタイル(4.5) 606 545 -10.1% 5,401
3630 電算システム(4.0) 1,162 1,043 -10.2% 3,594
2352 エイジア(4.0) 1,361 1,273 -6.5% 2,710
3179 シュッピン(4.0) 1,052 1,430 +35.9% 5,073
現金 1,963
合計 35,952
+259.5%
(参考)2013/12/31 37,363
2014年成績 -3.8%

※リンク先は、各銘柄の分析に飛びます

総評
全体的にマイナスが目立つ一ヶ月でした。日経平均は微減でしたが、それを下回る内容(トータル-3.8%)となりました。下落したのはインフォマート、電算システム、エイジアなどです。一方でシュッピンが頑張り下支えしてくれました。

インフォマート
だいぶ高すぎる株価が調整されました。パフォーマンスには影響しますが、殿堂入りという気分で保有します。他の方にはオススメできない割高さだと思いますので参考にされる方はご注意ください。

シュッピン
上方修正もあり、順調に株価が上昇しています。今年のパフォーマンスを作ってくれる銘柄になりそうです。

3月に向けて
頂いた質問から、ブロードリーフという良い企業が見つかりました。早いうちに購入したいと思います。ただ、キャッシュポジションが無いので、何を売却するか頭を悩ましています。(M&Aの一部売却あたりかなぁ)

« 健康食品が価格競争にならない理由 | トップページ | 下落時の感情に負けないために、分析する »

投資成績」カテゴリの記事

コメント

 すぽさん
以前にブロードリーフを分析して頂きました成長株命です。
もう2銘柄、現在保有しております株を分析して頂きたく書き込みさせて頂きました。いずれも情報通信関連銘柄ですが、3679のじげんと、3788のGMOクラウドになります。じげんに関しては、昨年上場時に話題になり一時高騰しましたが現在は下降しておりますが、ビジネスモデル、収益性に関しては、将来性があると思っておりますがいかがでしょうか?またGMOクラウドに関しては、すでに業界で認知度は高く、GMOグループで、GMOインターネットなど抱える大きい企業ですが、クラウドビジネスは低価格攻勢にあっておりますがセキュリティでの収益と、海外メインのソリューションビジネスがあり、今後成長していくのではないかと思っています。お時間あるときに分析をお願いできないでしょうか?
宜しくお願い致します。 ちなみに私もすぽさんの保有する電算システムを少しばかり購入させて頂きました。

すぽさん
おつかれさまです。

シュッピンいい感じで株価が上昇していますね。私も監視リストには入れていたのですが、キャッシュポジションが無く・・・・・。

ただ、シュッピンの事業自体はこれから利益率が上がっていき、成長株としてますます魅力が増していくと思いますので、相場環境に注意しながらINしようと思います。
消費税増税時期がポイントかなと。

アイスタイル良い銘柄ですがあがりませんね。

成長株命です。さん
お待たせしました。3679じげんと3788GMOクラウド分析しました。1.5と2.5です。

じげんはIPOの時に話題になった人気株です。企業分析以前に、株価が高すぎて目が潰れそうです。
じげんは就職Exなど、検索サイトと通常のサイトをつなぐ新しいプラットフォームをつくろうとしている企業です。現在の収益力、成長力は抜群ですが、プラットフォーム型として本当にNo.1となるのかは未知数です。何より問題なのは株価です。PBR100倍超、来期PER100倍超と今の投資家が何を思って買っているのか理解できません。

3788GMOクラウドは、クラウドと電子証明書などを中心としたITインフラを提供している企業です。プロバイダーもそうですが、こういったビジネスは差別化が難しく、競争が激しくなると手のうちようがなくなります。現在の業績・株価は悪くありませんが、中長期投資には向きません。

THさん、コメントありがとうございます。

私は株価は読みませんが、株価の波で安くなれば買うという感じでしょうね。

--
サクサクさん、コメントありがとうございます。

まぁ、中長期投資は気長に行きましょう。

すぽさん

分析ありがとうございます。
内容良く理解できました。早いうちに整理して他の成長株に投資しようと思います(*^_^*)

すぽさん
ブログいつも拝見しております。
現在購入を検討している成長株の分析をおねがいできますでしょうか。
アニコムホールディングスとファーストエスコ、カカクコムになります。よろしくお願いします。

お世話になります。

分析以来が殺到していますね。

そんな中で恐縮ですが、6075フォトクリエイトが
すぽさんにどう分析されるか、気になります。

フォトクラウド事業は全国の零細写真館からフィーをもらう
プラットフォーム型ビジネスで如何にも伸びそうなのですが。

窓際相場師さん、質問ありがとうございます。
3銘柄なので時間がかかりました。8715アニコムホールディングス、9514ファーストエスコ、2371カカクコム、3.5、2.5、3.0です。
お名前からの推察で恐縮ですが、明日上がる株の相談であれば私以外の方にお願いしますね。以下、中長期投資を前提に分析します。

アニコムはペット保険のパイオニアです。シェアは5割以上あり、窓口精算ができるという優位性もあり業界での地位は盤石です。保険業は基本的に運用損以外は赤字になり得ないという強固なビジネスモデルであり、その点も優秀です。成長面も順調に15%程度のびており、成長余地もまだまだありそうです。
株価は今期PER27.4、来期PER38.7です。来期は一時的に費用がかかり減益となります。それを考慮しても割安とは言えない水準です。
もう少し安く買いたいところですが、5年間持つ気があるなら今買っても大きな失敗はなさそうです。

ファーストエスコは、廃材による発電業を中心にしている企業です。私はクリーンエネルギー系のビジネスを基本的に信頼していません。エネルギーはつまるところコストがポイントです。このため、コスト優位性のないものは結局補助金頼みになってしまい、本質的な儲ける力がありません。

カカクコムは、私の好きなタイプの企業です。
プラットフォーム型のお手本のような企業で、営業利益率も50%程度、当然キャッシュも溢れています。成長面では価格コムと食べログが堅調で15%程度の成長ですが、それ以上のペースは難しそうです。
株価もそれに見合う割高で、Sクラスです。PER30以下ぐらいで買わないと面白みはなさそうです。

※まりもさん、もう少しお待ちください。

すぽさん

分析ありがとうございます。自分は基本は中長期投資ですが、テーマ性の強い銘柄を買うことでパフォーマンスを上げるような手法も取り入れてます。まだまだビジネスモデル等の分析が甘い部分があるので、すぽさんのブログは参考にさせていただいております。

まりもさん、6075フォトクリエイト分析できました。カンブリア宮殿でも紹介されて私も気になっていた企業です。改めて分析をしましたが、評価は3.0です。

フォトクリエイトは、①スポーツ、趣味など素人の撮影をプロのカメラマンが撮影する事業、とそこから派生した②クラウドでの写真代行販売サービス事業の2つからなる企業です。
ユニークな試みですが、①はカメラマンのコストが高くなかなか高利益にはつながりません。②は学校市場中心に成長していますが、基本的にはこの企業でなくても良いサービスであり、売上も小さく成長への寄与は限定的です。
株価は来期PER20.8です。
私の表現でいうと、実力、株価ともにAクラスです。期待されているイメージよりは地味な成長になると思います。

すぽさん、先日はパイプドピッツの分析ありがとうございました。
今の相場を見て自分としては既に割高になっているものが多いと感じますが、すぽさんの経験で今の相場をどのようにお感じでしょうか?
また自分が最近買った株でカービューがあるんですが分析いただけますか?
よろしくお願いします。

Nickさん、ありがとうございます。
確かに買いたいと思える株が少なくなってきましたね。相場を読むつもりはありませんが、下落(バーゲンセール)に対応できるよう、ある程度キャッシュポジションをつくりたいなと思っています。

2155カービュー分析しました。うーん、難しい銘柄ですね。3.0です。
この企業のメインである中古車仲介ビジネスは、プラットフォーム型の負け組ということで、淘汰される可能性が低くありません。一方でヤフーの買収・提携により広告収入ビジネスが急速に拡大しており、収益基盤が入れ替わりつつあります。短期的にはもう少し利益が向上しそうですが、その先、広告収入がどこまで成長できるのか不透明です。株価はPBR1.05、来期PER36.1で、取り立てて割安でもありません。
広告収入の伸びにどこまで賭けられかという感じですが、安定性は欠けます。

いつも楽しみに拝見させて頂いております。
私も厚かましいながら、銘柄分析をお願いしたい企業があります。

2726 パル という小売企業なのですが、しっかりキャッシュを稼げる企業ながら、消費税増税のイメージ悪化により売り込まれ、企業価値から考えると「超バーゲンセール」ともいえる株価になっています。

将来に安定的に稼げる企業と思いますので、どうか、現状の株価含め、すぽさんの銘柄分析お願い致します。

分析、ありがとうございました。

フォトクリエイトはAクラスですか。
自分も早くSクラスとAクラスを見分ける能力をつけたいです。

ペロさん、質問ありがとうございます。2725パル、分析できました。衣料業界はあまり好きではないのですが、とてもよい企業で驚きました。評価は3.5に近い4.0です。

パルは普段使いのオシャレ着をターゲットにした衣料品メーカーです。この業界は「流行」とどう付き合うがポイントです。ユニクロはベーシックをターゲットにすることで流行を避けています。パルの場合、創業者の井上英隆さんの類稀な経営力で、流行に乗り続けるビジネスモデルをつくり、安定的に成長し続けています。
①複数ブランドのポートフォリオ管理、②合理的で透明性の高い経理と評価制度、③センスを重視する採用
特に①の「流行は循環する」という考え方は慧眼です。

成長は毎年10%程度、株価はPER10程度で割安です。私の考え方でいうとB→A+戦略になると思います。

円高の影響で一時的に減益に振れていますが、この程度の影響なら立派だと思いますし、経営力が高いため、来期以降持ち直す可能性が高いように思います。
株価は減益決算のうちは期待できませんが、1年以上持つ覚悟で反転を期待しても良いと思います。

四季報の先取り号を見てたら、4763 C&Rに目がとまりました。業績は好調なようですがあまり株価は動いてないようです。すぽさんはどのように銘柄分析されますか?

すぽさん、2726 パルの分析、本当にありがとうございました。
すぽさんに太鼓判を押してもらって、ホルダーとして安心しました。(^^)

業績から考えると、今の株価は本当にバーゲン価格だと思いますので、一時の
下落に怯えず長期で保有して行こうと思います。

また、有望な銘柄が見つかりましたら、分析をお願いするかも知れませんが、
その際は宜しくお願い致します。

アキバ観光池袋支部さん、こんにちは。4763クリークアンドリバーですが、分析ギブアップです。コングロマリットのように事業が混在している上に、それぞれがどのような収益構造なのかが情報不足のため見えません。

アキバ観光池袋支部さんには、どんな企業に見えましたか。

すぽさん、返信ありがとうございます。ここ数年の安定した売上の伸びと利益率の向上、四季報先取り号の業績予想を考慮に入れれば下値は固そうですし、もう少し株価的に人気が出てもいいのかなと思いまして。

シュッピンについて、このブログ参考にさせていただき、購入させてもらったのですが
消費税増税があるので、カメラや時計などの高級品の売上は来期、伸び悩むのではないかとも
思っています。最近下げているのはそのせいでしょうか。
短期でみても仕方ないかもしれないですが、心配になってきまして。
すぽさんは来期の業績は伸びると思いますか?

>アキバ観光池袋支部さん
この企業は何をやっている会社だと捉えてますか?そこが中長期投資の一歩目なので。

>JOKERさん
上がったから下がっているだけじゃないですかね。
この程度で疑心暗鬼になるようでは株価の荒波に耐えられませんよ。株価が戻ったときに、JOKERさんが「ヤレヤレ売り」をしてしまう姿が目に浮かんでしまいます。

すぽさんブログ最近すごい人気ですね。
コメント欄の賑わいぶりが!!!
今の難しい相場でみなさんすぽさんのような投資スタイルを参考にしたいのだと思います。
自分も結構前から拝見させていただいてますが、自分の銘柄はすぽさん銘柄プラスαくらいです。

また分析の依頼もあるのですが、自分の判断がすこしでもすぽさんに近づけるようにフィードバックお願いします。6078バリューHRです。ストック型で、最近のIPOでありますがかなり下がってきたと思っています。

いつも楽しく拝見しています。3393スターティアと、4820EMシステムズの分析をお願いできますでしょうか。両者とも、ストック型とフロー型をバランス良く組み合わせ、さらに各事業間でクロスセルによる相乗効果を図る、なかなか賢いビジネスモデルを構築しているように私には思えます。お時間のあるときで結構ですので、分析いただけますと幸いです。

スターティア
https://www.youtube.com/watch?v=uDvQ7AmOYY8

EMシステムズ
https://www.youtube.com/watch?v=0tNjC9uQU7w

はじめまして。

すぽ様の考え方に感銘を受け、以後Sランクの成長株を探しております。

ブイキューブ3681
についてお教え願います。SSランクかと思いますが、よろしくお願いいたします。

すぽさん、4763C&Rはテレビやゲーム制作のクリエイターが対象のエージェンシー事業が主力で、新たに電子書籍や建築・ファッションクリエイターなどいろいろ手広くやってる会社でいろいろな分野にわたるのでどこでどう利益が出てるのか分かりにくいということでしょうか。

>アキバ観光池袋支部さん

そうですね。既存ビジネスと新規ビジネスのバランスがわからないのが致命的です。これにより今後の見通しが全くわかりません。
さらに、それぞれがユニークなビジネスモデルであるため、売上からはじまる収益構造が見えず、営業利益率が大きく変化している理由もつかめません。競合状況もよくわかりません。
お手上げです。

>Nickさん、ねこさん、SSさん
順番に分析を行いますので、少々お待ちください。

Nickさん、お待たせしました。6078バリューHR、分析できました。4.0に近い3.5です。市場への懸念はありますが、全体的に良い企業だと思います。

バリューHRは、健保向けカフェテリアプラン提供や、健保設立コンサルなどを中心とする企業です。Nickさんのおっしゃる通りカフェテリア事業はストック型であり、安定的に売上・利益を積み上げています。単体の営業利益率が右肩上がりで向上しており(2009 8.9% → 2013 33.6%)、サイトを作ったらその後はコストがほとんどかからないことも注目点です。
また、カフェテリアの競合といえばベネフィットワンや、リロHDなどの大手がいるのですが、顧客が違う(企業ではなく、健保)ため直接競合していない点もユニークです。株価も割安です(今期PER15.3)。

一点、不安なのが健保の体力です。高齢化に伴い医療費がすごいペースで上昇しており、どの健保も財政が厳しく福利厚生事業は縮小しています。ストック型なので大崩れはありませんが、見通しは不透明です。

長期というとわかりませんが、中期的には好調が続きそうです。

ねこさん、お待たせしました。3393スターティアと4820EMシステムズ分析できました。3.0と2.5です。

スターティアは中小企業向けのソリューション提供を主にする企業です。成長力、業績面は立派だと思いますが、経営力による強さなのが好みじゃありません。大きな企業ではないため、提供している商品は正直平凡です。しかし、「お客さん視点」がしっかりしていること、コピー機など儲かる商材をしっかり売ることなど、企業活動がしっかりしており経営者の実力を感じます。来期PER24.0は です。
ビジネスモデルにこだわりがない方は良いのかもしれません。

EMシステムズは、調剤システムや電子カルテシステムなど、医療系のシステムを中心とする企業です。
ビジネスモデル以前に、B/S、CFがイマイチです。ストック型の商材が多いのに関わらず、赤字になったりキャッシュフローがマイナスになったりしており、開発コストや競争による値引きなどに苦労する普通の企業の姿が伺えます。ここ数年、営業利益率が上昇しており理由を分析したいのですが、IR情報が少なく深められません。来期はPER14.1です。
営業利益率上昇の理由次第では3.5もあり得ますが、そこまでこだわらなくてももう少し儲かる企業を選んでも良いかと思います。

SS命さん、お待たせしました。3681ブイキューブ分析できました。株価が高く買い時とはいえません。2.5です。

ブイキューブはテレビ会議などビジネス向けのコミュニケーションツール販売を中心とする企業です。2013年12月に上場したばかりで、かなり高値がついてスタートしたようです。
テレビ会議システムでシェアトップ、クラウドを中心としたストック型ということで、みるからに成長と収益力がありそうなのですが、3年前は利益がほとんどなく、収益構造に信頼を置き切れません。成長面は15%程度は期待できますが、国内が鈍化しつつあるため海外次第になりつつあります。今期PERは100以上、来期でも60.8と割高です。
来期PERが20ぐらいまで下がるならおすすめしますが、今はやめた方が無難です。

すぽさん、ありがとうございました。私に抜けていた分析の視点がいくつもあることに気づいてハッとしました。まだまだ未熟者ですが、これからも、勉強していきたいです。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501355/59225989

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめ日本株7銘柄の損益(2014年2月):

« 健康食品が価格競争にならない理由 | トップページ | 下落時の感情に負けないために、分析する »