« 3179シュッピン(4.0) | トップページ | 健康食品が価格競争にならない理由 »

2014-02-01

おすすめ日本株7銘柄の損益(2014年1月)

140131

1401312_3

                                                                                                                                                                                                           
コード 銘柄名 平均取得価格 現在値 損益 配分
2492 インフォマート(3.5) 158 1,734 +995.7% 6,358
4689 ヤフー(4.0) 244 584 +139.6% 0
4751 サイバーエージェント(2.5) 667 5,000 +650.0% 0
2175 エス・エム・エス(4.0) 1,471 2,132 +44.9% 3,917
2127 日本M&Aセンター(4.5) 2,295 8,560 +273.0% 7,877
3092 スタートトゥデイ(3.5) 842 2,290 +172.0% 0
6054 リブセンス(3.5) 1,811 2,216 +22.4% 0
3660 アイスタイル(4.5) 606 524 -13.5% 5,193
3630 電算システム(4.0) 1,162 1,226 +5.5% 4,225
2352 エイジア(4.0) 1,361 1,711 +25.7% 3,642
3179 シュッピン(4.0) 1,052 1,269 +20.6% 4,502
現金 1,963
合計 37,677
+276.8%
(参考)2013/12/31 37,363
2014年成績 +0.8%

総評
2014年が始まりました。月末少し慌ただしい雰囲気でしたが、なんとかプラスになったようです。上がったのは、エイジア、シュッピン、M&A。下がったのはアイスタイルなどです。
売買は、銘柄の分析依頼を頂いた中で良い銘柄と出会って、少し多めでした。売却は、スタートトゥデイ。新規購入はエイジアとシュッピンです。

日本M&Aセンター
四半期決算が1月30日にあり高騰しました。改めて業績面で非の打ち所のない企業であることを実感します。長期保有です。

アイスタイル
全体的に軟調の中、1月31日に四半期決算がありました。決算は芳しくなく、さらなる株価下落もありえそうです。
この企業は、プラットフォーム型として他を寄せ付けないクチコミ数があり、大きな強みを持つ会社です。しかし、その強みの収益化が未成熟なため苦労している印象です。クックパッドも今の収益構造になるまで長いことかかっていますが、このような「ちょっとした利益の仕組み」の構築が待たれる企業です。とは言うものの、現状でも十分成長が期待できる企業で、今回レベルの減益は目をつぶれるレベルです。
少し長い目で見る必要がありそうです。

« 3179シュッピン(4.0) | トップページ | 健康食品が価格競争にならない理由 »

投資成績」カテゴリの記事

コメント

 恐れ入ります。株をはじめて1年弱の初心者です。色々トライしてみましたが、個人的には中長期の投資が一番あってるのではないかと思っていたところここを見つけました。はじめてであつかましい質問ですが
①すぽさんはビジネススタイルや収益性から、銘柄を選ばれておりますが、マザーズなど新興株でも初心者が手を出しても問題ないのでしょうか?
②ひとつ気になっている銘柄で福証のコード6076アメイズがあります。
この銘柄に関して分析をお願いできますでしょうか?この福証もマザーズ同様、倒産などのリスクを考える必要はないのでしょうか?

勉強不足でとんちんかんな質問かもしれませんが、
お時間有る時に教えて戴ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

株初心者さん、カキコミありがとうございます。

①について
倒産リスクはどの株を持ってもつきまといます。株主になるとはそういうことです。JALや東京電力が安全だとは限りません。その前提で、ある程度分散させることが肝要です。
また、私が尊敬する邱永漢さんは、「大人の体格になった株より、子供のような伸び盛りの株を買え」と仰っていましたが同意見です。大人の会社は10倍の大きさには決してなりません。大きな成長は、株価の波を飲み込んでいきます。
http://sprn.cocolog-nifty.com/blog/02.html

②について
アメイズは、年末にご質問があり、回答していますので、そちらをご参照ください。
残念ながら地元にでも行って調査しないと判断できません。
http://sprn.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/6201312-f9d7.html

アイスタイルの決算について書いて下さりありがとうございます。

自信を持って、2/5に持ち株を売って、アイスタイルを買い増しました。

すぽさんの4つのクラス理論に開眼しなかったらアイスタイルは買えなかったと思います。

自分は今まで数多の投資本を読んできましたが、

お世辞抜きにあのクラス理論は秀逸であり、実態を捉えていると思います。

まりもさん、ありがとうございます。
あまりほめられ慣れてないので、恐縮してしまいます。今後ともよろしくお願いします。

すぽさんが分析すると、2930北の達人はどのような結論になりますか?
社長の能力に依存した、ビジネスモデルがない企業に映るのでしょうか?
自分から見ると、医療に頼らずに解決したいコンプレックスを
巧みに突いた商法であるように感じるのですが。

非常に論理的な投資法、いつも勉強させて頂いております。

何点か、ご質問なのですが、現在、投資されております7銘柄ですが、PERが80倍、40倍、30倍など、超高PERの銘柄が散見されますが、PERが大きく20倍を超えた状態でもホールドを続けられるご予定でしょうか?
明らかに超高PER状態になれば売却して、また新たな適度PERの成長銘柄に乗り換えるなどの戦略は取られないのでしょうか?

もし、ホールドされる予定との事でしたら、それは既に含み益を得ている状態だからのご判断でしょうか?
言い換えますと、今から新規で投資されるとしても、これら7銘柄に投資されたいと思いますでしょうか?

不躾なご質問で申し訳ございませんが、差支えなければご返答頂けますと幸いです。

まりもさん、ご質問ありがとうございます。色々な会社をご存知ですね。
2930北の達人分析しました。成長する可能性低くありませんが、販売商品が好きではないことと、流動性がひどく投資対象にできません。

この企業は儲けることに特化していますね。健康食品の値段はあってないようなもので、ボロもうけで有名です。また定期購入を中心にし、ストック型のビジネスモデルを作り上げています。
ただ、この商品は本当に効果があるのでしょうか?お客さんは幸せなのでしょうか。一個人の私見ですが、人の弱い心につけ込むおまじない商法のように見えてしまいます。
また流動性が課題ですね。普通の売買に耐えられません。

ま、買わない方が無難でしょうね。私は買いません。

ぽんたさん、ありがとうございます。

高PERの株については、下記エントリをご参考にどうぞ。
http://sprn.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-4aa6.html

新規だったら、今の高PERの保有株は買いません。A→S戦略完了後のおまけとして保有しているというのが基本スタンスです。ですので、スタートトゥデイは他の買いたい銘柄があった時に売却しました。
ただ、インフォマートと日本M&Aは別格です。あまりに優秀なので手放す気になりません。多少下がっても、中長期で上がるだろうから保有という域に達しています。

北の達人の分析をして頂き、ありがとうございます。

使ったことがないのでなんとも言えませんが、
商品の効用としてはプラシーボ効果に留まる気がします。

まりもさん、ありがとうございます。

仮に、プラシーボ効果しか無いのなら、それは霊感商法のようなものではないでしょうか。私は、企業は世の中の役に立つためにあるべきだと思っており、そうでない企業は投資対象にはできません。
また、邪悪な企業は、必ずしも投資家のために行動するとは限りません。

なるほど。
定性分析はそうした方面からも行っているのですね。
参考になります。
ありがとうございます。

すぽさん

いつも楽しく拝見させて頂いております。企業分析の仕方まだまだ勉強不足でして、今持っている株についてのご意見を頂きたく投稿させて頂きました。
3673 ブロードリーフという会社ですが、売上の伸び、利益ともに問題ない成長株と思ってもっておりますが、ここのところかなり売り込まれています。
このまま保有して良いものか、どうか企業診断をして頂けないでしょうか?お忙しい中大変恐縮ですが宜しくお願い申し上げます。

成長株投資命さん、質問ありがとうございます。
他のエントリで先にご質問を頂いた方への分析中ですので、しばらくお待ち下さい。

すぽさん

ご丁寧に連絡有難うございます。現在すぽさんが、分析されておりますコメントも拝見させて頂いております。お時間あるときで結構ですので宜しくお願い致します。

成長株投資命さん、3673ブロードリーフ分析できました。私好みのビジネスモデルの企業です。4.0です。私も買おうと思います。

ブロードリーフは、自動車修理工場のIT化を進める企業です。かつては翼システムという企業でした。ビジネスモデルはほぼ完璧です。アフタービジネスを中心にプラットフォーム型も形成しており非常に安定しています。
成長面では、クラウドとタブレットの広がりが追い風になっています。自動車修理工場の人たちにとって、IT化の最大のハードルは使い勝手です。タブレットによってその心理的ハードルが下がり市場が広がっています。また、クラウドへの移行が利益率を大幅に引き上げており、今後も上昇が期待できます。
株価も割安(来期PER17.3)です。

株価は下落トレンドのようですが、不安要素は思いつきません。
※実際の投資判断は自己責任でお願いします。

 すぽさん

分析ありがとう御座います。すぽさんの分析の方法を参考にしながら見つけた銘柄でしたが、下落トレンドで含み損を抱えており、少し不安になっておりましが、これで安心しました。有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501355/59046971

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめ日本株7銘柄の損益(2014年1月):

« 3179シュッピン(4.0) | トップページ | 健康食品が価格競争にならない理由 »