« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013-03-30

おすすめ国内株7銘柄の損益(2013年3月)

20130331

130331

コード

銘柄名

平均取得価格

現在値

損益

配分

2492

インフォマート(3.5)

633

2,550

+302.8%

3,117

3644

1stHD(4.5)

561

622

+10.9%

3,834

4689

ヤフー(4.0)

24,374

43,300

+77.6%

3,426

4751

サイバーエージェント(2.5)

66,667

177,400

+166.1%

0

7844

マーベラスAQL(4.0)

13,352

58,400

+337.4%

0

2127

日本M&Aセンター(4.5)

2,295

4,145

+80.6%

4,310

3092

スタートトゥデイ(3.5)

842

1,164

+38.2%

2,987

6054

リブセンス(3.5)

3,622

4,250

+17.3%

1,556

3660

アイスタイル(4.5)

697

693

-0.6%

2,983

現金

295

合計

22,507

+125.1%

(参考)2012/12/31

15,335

2013年成績

+46.8%

総評
今月はインフォマートが伸長し、今年の成績も+46.8%となりました。インフォマートがあまりに大きくなったので、ポートフォリオの見直しを行いました。

インフォマート
@2570で、半分売却しました。今月のエントリでも書いたとおり、かなり割高になって来ましたので評価も3.5まで下げました。ただ、この会社のビジネスモデルについては強い信頼を置いていますので、保有を継続します。

1stHD
自分のポートフォリオの中で数少ない割安銘柄になりました。成長していないことで、相対的に割合が小さくなっていたので、買増しました。保有株+60%程度。

リブセンス
@1153で半分売却しました。業績も株価も順調でしたが、割高すぎて全力で購入する気にはなりません。

アイスタイル
新規に購入です。他の銘柄と同程度(13%分)購入しました。

現在の保有株は、割高株となかなか上がらない割安株が中心ですので、ここからしばらくは苦労するかもしれませんね。気楽にいきましょう。

2013-03-25

ポートフォリオ見直し

保有株がかなり上昇し、全体的に割高な株が多くなって来ました。そろそろポートフォリオを見直したいと思います。

130324

方針

  1. リバランス(それぞれの株式の比率が概ね同じにする)を行う
  2. 新規割安株を加える
  3. リブセンスのウェイトを下げる(評価が間違っていたため)

というわけで、

  • インフォマートの比率を30~40%減らす
  • リブセンスの比率を50%程度減らす
  • 1stHDを買い増す
  • 3660アイスタイル(4.5)を購入する

という変更を行う予定です。

2013-03-20

2492インフォマート(4.5→3.5)

2013年3月20日

評価 4.5→3.5

2年近く保有して、だいぶ株価が上昇しました。

(2013年3月20日) 2,420円 PER37.6 PBR6.1 配当利回り1.2%
平均取得単価 633円 損益 +282.3%

中期計画で2年後に利益を倍増させるとのことで、それを踏まえた株価になっていますが、それにしてもPER37.6は高いと思います。今買うならちょっと躊躇する価格です。
というわけで、評価を3.5まで引き下げます。

-------------------------------------------

2011年5月15日

注目点はビジネスモデルと配当利回り

食品卸と小売店をつなぐプラットフォームを割安で提供するという強固なビジネスモデル。IR情報を見なくても高収益なのが分かるほど筋がよい。
営業利益率は20%以上、多少成長の面で鈍化しつつあるものの非常に安定しており特に文句の付け所がない。

株価も業績の安定感に見合わないほど割安。

(2011年5月15日) 129,700円 PBR 1.88 PER 12.83 配当利回り 5.11%

自分の平均購入単価 122,895円

また特徴としては、配当性向が高く(50%方針)配当利回りが非常に高いこと。次年度以降の業績が増益になり増配となれば自ずと株価も上昇せざるを得ない。
配当利回りスクリーニングで偶然見つけた企業だが、まさに掘り出し物。配当を期待してREITに投資するぐらいならこの株を買ったほうがいい。お買い得度4.5

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »