« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012-08-22

2127日本M&Aセンター(4.5)

2012年8月21日追記

というわけで購入しました。

この株はおすすめ株に追加し、ポートフォリオの1/5として計算していきます。

(2012年8月21日現在)株価 2,291円 PER 18.9 PBR 4.40 配当利回り 1.96%
自分の平均購入単価 2,295円

--------------------------------------------------------------------

2012年8月13日

カンブリア宮殿で面白そうな企業が紹介されていたので分析してみました。日本M&Aセンターは、その名の通り中小企業のM&Aの仲介を行う企業です。基本のビジネスモデルは場の提供(プラットフォーム型)ですが、コンサル的な要素も強い企業です。

自分の企業分析の手順通りに説明します。

  1. 業績確認
    http://www.shares.ne.jp/companies/2127/finance
    ・売上は2008年に約30億、2012年に約60億。成長率(5年平均)は15.1%
    営業利益率は40%以上
    ・純資産比率8割以上で無借金、資産もほとんどキャッシュ
    ・営業CFも問題なし。2012年は投資CFもプラスで、金余り感を感じる
    業績は極めて順調で、成長も問題ありません。
  2. ビジネスモデル
    http://www.nihon-ma.co.jp/ir/
    HPのIRを見て詳細を分析します。
    ビジネスモデルは場の提供によるプラットフォーム型です。企業数が増えれば増えるほど場の価値が上がっていくため、参加企業が多くなると他社参入が困難になります。ただし本質的には「数よりも質」が重視される業種なので、質を重視した参入は可能です。とは言うものの、現時点でこれだけ先行していると今後も強い優位性を発揮できるでしょうし、そもそも参入が難しい専門的な業種です。
    またカンブリア宮殿の放送でもありましたが、中小企業オーナーの高齢化により、企業譲渡ニーズは非常に強く、成長余地が大きい市場です。
  3. 株価の割安度
    (2012年8月13日現在)
    株価 2,300円 PER 18.9 PBR 4.40 配当利回り 1.96%
    2012年度実績ベースではまずまずの割安度ですが、2013年度予想ベースだと
    PER 16.8 配当利回り 2.17%
    ともう少し割安になります。

この企業で一番興味深いのが成長力です。成長力、ビジネスモデルが抜群で、株価も良心的な価格です。お買い得度は4.5で購入検討中です。購入次第おすすめ株にも登録したいと思います。

2012-08-09

7730マニー(4.0)

世界最高の技術力で勝負するグローバルニッチ企業

技術力を差別化の根幹に置く
マニーは外科医療機器を中心とするメーカーです。この企業の強さはなんといっても「技術力」による独占的地位ですが、何よりの強みはそれを風土にできている点です。
HPの社長あいさつに以下の様な記載があります。

[トレードオフ(やらないこと)]
以下のトレードオフを明確にして、戦略立案の基準にしております。
(1)医療機器以外扱わない
(2)世界一の品質以外は目指さない
(3)製品寿命の短い製品は扱わない
(4)ニッチ市場(年間世界市場 5,000億円程度以下)以外に参入しない
上記のトレードオフを守ることで、長期的な安定成長を目指しております。

医療機器業界は、切れ味の良い刃物、ミクロ単位の精度や安定性など、常に高い技術力を求められる業界です。マニーは挨拶にある通り、基本的には世界一の品質のものしか商品化をしません。世界一の品質によってお客にとってオンリーワンの商品になれば、価格決定権は売り手に移ります。マニーはこの原則を貫くことで営業利益率を30%以上を確保しています。(逆に言えばオンリーワンでなくなれば、利益率はあっという間に10%以下になります。)
成長面ではここ3年は鈍化しており、過度に期待しない方が良いでしょう。

株価はまぁお手頃です。
(2012年8月9日現在) 2,755円 PBR 1.70 PER 15.67 配当利回り 2.18%
自分の平均購入単価 購入していません。

企業研究のお手本のような企業で、キーエンスに似ています。キーエンスがお客のニーズに集中しているのに対し、マニーは技術力に集中している点が違いますが、どちらもオンリーワンにこだわることで高収益を確保しています。

投資対象としてのお買い得度は4.0です。3,5にするか4.0にするか悩みました。成長の見通しがイマイチみえません。今買っても損はないかと思いますが、もう少し株価か下がるか成長が見えたところで購入したいですね。

2012-08-01

おすすめ国内株4銘柄の損益(2012年7月)

おすすめ国内株4銘柄の成績です。

コード 銘柄名 現在値
(12/7/31)
平均取得
単価
損益率
2492 インフォマート(4.5) 165,500 126,609 +30.7%
3644 1stHD(4.5) 515 520 -1.0%
4689 ヤフー(4.0) 28,580 24,374 +17.3%
4751 サイバーエージェント(2.5) 154,700 66,667 +132.0%
7844 マーベラスAQL(4.0) 16,600 13,352 +24.3%
加重平均(5銘柄) +40.7%
加重平均(4751除く) +17.8%

2011/11/26
参考 日経平均

8,695.06

8160.01 +6.6%

ヤフーの社長交代による、攻めへの戦略転換が好感されて上昇しました。(まぁ、順当な評価になっただけともいえます。)

日経平均とはだいぶ差をつけました。

サイバーエージェントは四半期決算が悪く、ストップ安になるなど大幅下落しています。この株は私が買った株の中で最もボラティリティが高い株ですので、気楽に見守っています。

※2011年11月26日からブログに成績をアップしており、ちょうどその時サイバーエージェントを除く4銘柄の損益がゼロぐらいだったので、そこからよーいドンのつもりで比較していきます。

120731 

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »