« 7730マニー(4.0) | トップページ | おすすめ国内株5銘柄の損益(2012年8月) »

2012-08-22

2127日本M&Aセンター(4.5)

2012年8月21日追記

というわけで購入しました。

この株はおすすめ株に追加し、ポートフォリオの1/5として計算していきます。

(2012年8月21日現在)株価 2,291円 PER 18.9 PBR 4.40 配当利回り 1.96%
自分の平均購入単価 2,295円

--------------------------------------------------------------------

2012年8月13日

カンブリア宮殿で面白そうな企業が紹介されていたので分析してみました。日本M&Aセンターは、その名の通り中小企業のM&Aの仲介を行う企業です。基本のビジネスモデルは場の提供(プラットフォーム型)ですが、コンサル的な要素も強い企業です。

自分の企業分析の手順通りに説明します。

  1. 業績確認
    http://www.shares.ne.jp/companies/2127/finance
    ・売上は2008年に約30億、2012年に約60億。成長率(5年平均)は15.1%
    営業利益率は40%以上
    ・純資産比率8割以上で無借金、資産もほとんどキャッシュ
    ・営業CFも問題なし。2012年は投資CFもプラスで、金余り感を感じる
    業績は極めて順調で、成長も問題ありません。
  2. ビジネスモデル
    http://www.nihon-ma.co.jp/ir/
    HPのIRを見て詳細を分析します。
    ビジネスモデルは場の提供によるプラットフォーム型です。企業数が増えれば増えるほど場の価値が上がっていくため、参加企業が多くなると他社参入が困難になります。ただし本質的には「数よりも質」が重視される業種なので、質を重視した参入は可能です。とは言うものの、現時点でこれだけ先行していると今後も強い優位性を発揮できるでしょうし、そもそも参入が難しい専門的な業種です。
    またカンブリア宮殿の放送でもありましたが、中小企業オーナーの高齢化により、企業譲渡ニーズは非常に強く、成長余地が大きい市場です。
  3. 株価の割安度
    (2012年8月13日現在)
    株価 2,300円 PER 18.9 PBR 4.40 配当利回り 1.96%
    2012年度実績ベースではまずまずの割安度ですが、2013年度予想ベースだと
    PER 16.8 配当利回り 2.17%
    ともう少し割安になります。

この企業で一番興味深いのが成長力です。成長力、ビジネスモデルが抜群で、株価も良心的な価格です。お買い得度は4.5で購入検討中です。購入次第おすすめ株にも登録したいと思います。

« 7730マニー(4.0) | トップページ | おすすめ国内株5銘柄の損益(2012年8月) »

日本株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501355/55413375

この記事へのトラックバック一覧です: 2127日本M&Aセンター(4.5):

« 7730マニー(4.0) | トップページ | おすすめ国内株5銘柄の損益(2012年8月) »