« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011-11-26

おすすめ日本株5銘柄の損益(2011年11月)

お勧め日本株5銘柄の損益状況です。

コード 銘柄名 現在値
(11/11/26)
平均取得
単価
損益率
2492 インフォM 149,000 126,609 17.7%
3644 1stHD 536 520 3.1%
4689 ヤフー 22,560 24,374 -7.4%
4751 サイバーエージェント 238,100 66,667 257.1%
7844 マーベラス 11,260 13,352 -15.7%
加重平均(5銘柄) 51.0%
加重平均(4751除く) -0.6%

サイバーエージェントは投資期間が長いので、残りの4銘柄で平均するとほぼゼロの状況です。

日本株は今のところこの4銘柄中心に投資をしています。

2011-11-25

円高なのに株安

日経平均終値、2年8か月ぶり8200円割れ
為替レート 77.15 (YEN/US$  2011/11/24 22:49)

日本の株価下落と、円高が同時に起こっています。
この動きも最近では当たり前に感じるようになってしまいましたが、これを直接的に受け止めれば「日本は安心なのに日本株は買えない」と言っているわけでなんだか変な話です。いったい何が起こっているのでしょうか。

この現象を説明するのに「円高だと輸出企業の業績に影響するので、株価が下がっている」という説明を聞くことをあります。それだけ聞けば確かにその通りだと言えますが、この理論からいくとドル安になっている米国株は上がるはずです。しかし、現実には米国株も下落しており、為替を直接の原因とするのは無理があります。

円高、日本株安、米国株安。この現象はどう考えても「リスク資産から安全資産への逃避:信用収縮」です。ということは日本株を買うにあたってはこの信用収縮がどれぐらいの状況なのかが分かれば冷静に売買できます。

信用収縮度を測るのにはなんといってもVIXです。現在の指数は33ぐらい。ギリシャから始まったユーロ不安が全く収まっておらず、明らかにピリピリが続いている事がわかります。もちろん今後一段先の信用収縮(大バーゲン)も起こり得ますが、今がバーゲンセールであることは間違いありません。

Z

という訳で、何やら不安定でわかりづらい市場環境ですが、私はVIXを見ながら優秀な株を買い集めていくだけです。

2011-11-19

お金について

現在の世の中で使われている「お金」。考えれば考えるほど不思議で興味深いものです。

お金は世の中に入り込み価値を奪い取る
現在世の中に流通しているお金、これは単なる紙切れです。昔は兌換紙幣だったので金と交換できましたが、今は誰もお金を受け取らなくなれば、明日にでも紙切れに変わる不思議なものです。
また、もし私がお金を発行できたとしたらどうなるでしょう。これは無限のお金を手に入れたのと同じ事であり、まさに錬金術です。ということは、今も誰かがこの錬金術を操っているということです。お金が世の中に与えている影響について、原理から振り返って考えてみます。

図にしてみました。世の中はもともと物々交換です。Aさんは魚(100の価値)、Bさんは肉(100の価値)、Cさんは米(100の価値)を持っていたとすると、世の中には300の価値があり、それぞれを交換することができます。1_2

そんな世の中にお金が登場します。物と物を直接交換するのは価値をはかったり交換相手を探す必要があり非常に大変ですので、お金は確かに便利な存在です。そんなニーズに応えてお金が世の中に入り込んでいくわけですが、ここで気になるのはお金を作った人は何の価値も生み出していないということです。

2_3

お金を発行したことにより3個しかなかった世の中の商品は6個になり、世の中の価値の半分はお金になりました。お金を作ったDさんは何の苦労もせず世の中の半分の価値を得ることが出来ました。3_2 

もしお金を使わずにDさんが世の中の半分の価値を手に入れようと思ったら、AさんBさんCさんから50ずつブン取るしかありませんが、そんなことをすれば当然犯罪で捕まります。ブン取ろうとすると逮捕ですが、お金を使うと誰も文句を言わない。こんな不思議なことが現在の世の中では起きています。

この事実に気づくと色んな事が見えてきます。

増税とインフレ(お金の発行)は同じ事

お金をつくることができるのは日本では日本銀行だけです。(一般の銀行も貸出という行為を通じて預金を創造していますが、話が複雑化するので今回は忘れてください)
現在日本銀行と国家は現在別の組織ということになっており、国債の直接の借入を禁止するなど、別組織の体を維持していますが、いざとなれば発行権を国家に移すこともできますので、実質的には国家にお金の発行権があるのと同じです。
要するに日本にとってのDさんとは、国家のことなのです。
ということは、国家が、日本国民から価値を奪うことのは割と簡単なのです。今は消費税を上げるなどと「ブン取る」方策を一生懸命議論をしていますが、本当はお金を発行して国のお金として勝手に使ってしまえばいいのです。
国がお金を大量に発行すれば当然お金の価値が下がりインフレになりますが、それはまさに国家が世の中から価値を奪ったことを表す現象です。こうして世の中のお金の価値は減価し、国は日本国民から価値を奪うことができます。
つまり、増税とインフレ(お金の発行)は同じ事なのです。

インフレ=景気がいい??

一部の経済学者の中には「インフレ=景気」と勘違いして、お金を刷れば景気が良くなると主張している人がいます。でも、いくらお金を刷っても世の中の価値は全く変わりません。「お金=価値」だと思っている人にとっては、お金を刷れば景気が良くなるように思えるかもしれませんが、そもそも「お金=無価値」なのですから、何かプラスになるわけがありません。
(強いて言えば「インフレ」になると、借金の負担が相対的に減るわけですから、借金を返せない人が減るといった好影響はあるでしょう。)
今の日本の不景気の原因も「お金」ではなく「価値、需要」に焦点を当てて考えるべきです。高度経済成長の時代は今年より来年のほうが便利な(価値の高い)商品が生まれ、需要も旺盛でしたが、今は便利なものもあまり生まれず、需要も減少傾向です。ここに特効薬はありませんから、日本経済全体としては今後も明るくはないでしょう。お金の発行量なんか関係ありません。

というわけで、何にしても、国家が「お金」という不思議なものを発行できる権利を持っており、その行方を注視していくことが重要だということだけは間違いありません。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »