« 7458第一興商(3.5) | トップページ | Appleの未来に関する、大西宏さんと池田信夫さんの議論 »

2011-06-13

0546阜豊集団(4.0)

自身初めてのテンバガー(10倍)銘柄

化学調味料のトップメーカー。購入のきっかけは食品株のスクリーニングで極めて安く放置されていたことです。「成長」と「利益」の視点で考え、中国の食品市場の成長は間違いないこと、「トップシェアに売りなし(一番利益創出に有利)」という理由から、まぁ面白いかなと思い購入しました。

テンバガーになったのはもちろん大きくは運ですが運だけで考えるのは勿体無いのでその理由を考えてみました。
理由
①基本的に優秀な企業であること
②利益が良→悪→良となったこと

①は常に意識して購入していますが、今回良かったのは②です。
2007年の業績は原料の高騰などにより利益がほぼゼロまで落ち込みました。これに連動して株価も急落。PBRで0.2ぐらいまで下がってしまいました。しかしトップシェアをもつ企業として無事この危機を脱出。利益率も元の水準やそれを上回るレベルに回復し、割安感が際立つようになり10倍を越える高騰になったわけです。

今悪い業績の企業ほど狙い目。テンバガーを狙うならこの視点が欠かせませんし、②を狙うからこそ、①が自信を持って言えるかがより重要になってきます。

ちなみに今の株価
(2011年6月10日現在) 5.07HK$ PBR 2.31 PER 7.44 配当利回り5.13%
自分の平均購入単価 0.508HK$

これからもう一度テンバガーは無理ですが、まだまだ割安です。
というわけでお買い得度は4.0です。

« 7458第一興商(3.5) | トップページ | Appleの未来に関する、大西宏さんと池田信夫さんの議論 »

中国株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 0546阜豊集団(4.0):

« 7458第一興商(3.5) | トップページ | Appleの未来に関する、大西宏さんと池田信夫さんの議論 »